高齢者がキレる

以下のNHK記事の要約です。
■原因
認知症による前頭葉萎縮、感情的我慢ができない

■犯罪者の共通項
□年齢、性別
団塊の世代、男
□仕事人間
仕事は楽しく生きがいだった→仕事を失った喪失感
□自信、誇り
過去の成功体験への執着→老後の挫折の受入否定、周囲の眼に過剰反応→苦境時の相談相手無
□社会的・家庭的孤立
モラルではなく周りの目を意識した相互チェックが犯罪抑止

年齢は当てはまりませんがこれらは以下に該当します。
実父・実父の兄弟がまったくそのとおり、上質な生活をしている同級生がややその傾向あり、ニュータウンで世話役をしている爺さんたちは顕著で部会間で喧嘩が絶えず。

以前、介護をしている男性の会合に出席していたことがありますが、このような方々はいらしゃらなかったです。みなさん、苦労・挫折がおありでしたし、互いに相談しあっていました。この会合に帰属していることが抑止効果になっていました。昨日のペットボトルもニュータウンで孤立した老人が投げ捨てたのかもしれません。いずれにせよこのニュータウンは戸建てだらけでそこの住人は少なくても6千万円以上の初期投資が必要でした。競う合うように豪華な家を建ててました。仕事に夢のマイホームつくりに邁進していた住人が多いことでしょう。そして子育てが終わった後の近隣間の関係は利益関係が成立せず冷めきっています。子供はそもそも家・ニュータウンに愛着がなく出ていきます。ということは、上記のキレる老人が大量発生するリスクがありそうです。

d0370724_09181666.jpg


[PR]
by 1959-01-28 | 2017-07-31 09:19 | 雑感・お知らせ・老人一人暮らし | Comments(0)