ママさんの励ましに癒される

「うふふ、本音が吐き出せて少しは落ち着かれましたか?あまり我慢しないほうがいいですよ。もうサラリーマンの宮仕えではないのですからね。」

「そうします、もう忘れます。自身の未熟さに対してよくあそこまで美化して言い訳・正当化できるなと感心しました。ペテン師のようでした。集まるのですね、そういう人。数々の共演者に愛想つかされたガラス壺奥さんとホール出禁の電スケ爺さんの"痛い"コンビでした。"CD録音"という名目で、練習室を一日中借りて演奏も録音もひたすら試行錯誤するそうです。TPOからして私の経験した世界と違います。「ど素人」ですね。学ぶことはまったくない完全ジョーカーカードなのですが、なぜ**さんがあれほど肩入れするのかが理解できません。それでは明日伺います。ドアの様子もみますね。」

この方、60年代からライブハウス事業も手がけられ、プロモーターとしても結構苦労されている。デモテープを聴いて「つまらん、素人なの?」と言ってくれたのもこの方だ。励ましも嬉しいが、同類と認識して頂いていることのほうがもっと嬉しい。


[PR]
by 1959-01-28 | 2017-10-11 09:02 | お楽しみ(音楽/映画/本/写真etc) | Comments(0)