"デジタルハリネズミ初代"に変更した。

ホルガをキャンセルしてこちらにした。理由は、こちらのほうがアートしているから。この初代は音声ビデオは撮れない、白黒はない、と機能は落ちるが、レンズがいい(=悪い)周辺光量がほんやりと落ちる。これが欲しかった。リボーン版なので静止画プレビューが効く。これはありがたい。動画時にはプレビューが効かないが、私は基本的に動画は撮らない。これ¥5,600程度だった。1.5inchの液晶モニターは誰も作らなくなっていて、Ver4.0で開発終了し、そのストックもない。Ver2以降のデッドストックや中古品は2~4万円の値段がついている。だが私の買ったリボーン版はチノンバージョンで、そのチノンから買ったので企業コンプライアンス上、適正価格=安値なのだ。あと11台、これが完売したら、中古は2万円にはなるとおもう。インフレはマニアの世界だけに存在するな。ともわれ、私はこのトイカメラで自分のレーベルのジャケ写を量産する。もしかしたら、動画をジャケ写代わりにするかもしれない。いずれにせよ、私の心を写した暗くノスタルジックなたたずまいになる。
d0370724_15530732.jpg

[PR]
Commented by アガルタ at 2017-10-14 17:27 x
チノンが復活しているとは知りませんでした。ビックリです。
Commented by 1959-01-28 at 2017-10-14 20:03
> アガルタさん
そうなんです。私もびっくりでした。Dマウントの8mmカメラ風の動画撮影機も出してたり、凄いツボにハマるメーカーに変身してました。"ハリネズミ"ももう凄い!企画はLomoを日本で仕掛けた徳島出身の2年年下がやっている会社ですね。
by 1959-01-28 | 2017-10-14 15:57 | お楽しみ(音楽/映画/本/写真etc) | Comments(2)