老犬のお葬式をしてきた 2001.11.13→2017.10.31 あと二週間で16歳だった

今日の深夜に息を引き取ったようだ。昨昼からしきりに鳴いていたのだが、あとで考えると死期が近づいていたのがわかって不安だったのだろう。よくわからず、その度になんども体位移動をさせ、だめもとで水を口の前にもっていった。深夜に鳴き声がしなくなったので寝たのかとおもっていた。市の火葬場兼霊園に集団埋葬してもらうことにした。ゴミのように処理されるのかとおもったら、きちんと家族のように丁寧な扱いをされ、丁寧に安置場に持っていって頂いた。

朝11時だったが、その火葬場には人間も多数運ばれて来ていた。急に冷えたからかな?。私が受付で愛犬の対応を頂いている間、葬儀屋が数人訪ずれてきた。笑って手続きしている姿にプロの姿をみた。

[PR]
Commented by ago1-filo2 at 2017-10-31 19:22
家族の気配を感じながら 住み馴れた我が家で 
逝くことが出来たワンちゃんは幸せだったのではないでしょうか。
ご冥福をお祈り致します。
暫くの間、ご自分を労ってくださいね。
Commented by 1959-01-28 at 2017-10-31 22:56
> ago1-filo2さん
お心使い大変嬉しくありがとうございます。
by 1959-01-28 | 2017-10-31 13:41 | お出かけ・出会い・おいしいもの | Comments(2)