2日に喫茶店のママさんから頂いていた。その時に涙腺がゆるくなり、おもわず「愛犬も見送って、初めてのひとりの冬を迎えた、夜は寒くて寂しくてしかたがない」とカミングアウトをしてしまった。恥ずかしい。以前、ママさんに「包装は店のプライドどす~」と講釈してしまったもんだから、ジャーマン精神いっぱいのフロインドリーブ相手にああだこうだと交渉してリボンをつけてもらったようだ。ありがとう、本当に嬉しいです。今から、紅茶を買ってくる。これからクリスマスまでのアドベント、夜に少しずつ頂くことにする。あと新年用のお酒も頂いた。もうこれで寂しくない。
d0370724_14442730.jpg

[PR]
by 1959-01-28 | 2017-12-09 14:45 | お出かけ・出会い・おいしいもの | Comments(0)

三宮でカレーを食した

実は神戸でカレー屋さんに入るのは二度目だ。一回目は亡妻とのデートで成り行きで入った。おかみさんがひとりで切り盛りしているカウンター店だった。えらいこってりしていた。その後、あの頃の軽薄TVで紹介されていた。炒めて湯水のようにでた肉油をルーにそのまま入れる、灰汁はとらない、これがうま味だと言い切る姿にドン引きした記憶が蘇る。もちろん店はすぐ閉店した。

昨昼は"サボイ"の元店長が経営している"いっとっ亭"の方に入った。第一印象は「なんや、垂水の"ブラジル"と同じ味やんか」だった。どうも最近のネット記事はあてにならない。プロの情報操作や素人の"リア充"自己暗示感が半端ない。私はもう"インディアン"か"阪急カレー"しか食べないと心に決めた。

時間があったので、"サボイ"と同じ系列の喫茶店"ヴォイス"にコーヒーを飲みに行った。通ぶった常連さんと若い店員さんがさかんに音楽談義をしていた。「あ~、こんなん友達が演っとんですよ、かけますよ」と言って、かけていたレコードを途中で停止させ、手数の多さだけをひけらかしたピアノトリオの演奏を店の客全員が聴かされるはめになった。録音も演奏も気持ちも"スカスカ~"な音楽を聴かされた。その後は写真談義に移行していった。常連さんはNikonの高級一眼を持っていると自慢している。若い店員さんは「写真はね、簡単。絞りを開いて撮るんですよ~」とさかんに教えている。写真は、粒子粗さ、絞り、シャッタースピード、色調、コントラスト、ガンマ、フレーミング、構図、主題、表情、光線、etc、様々な組み合わせて成立しているすごく奥の深い表現手段なのだが、、、。

私はやはり神戸が好きになれない。おちょうしもん、軽薄・ぺらぺら、ええかっこしい、感が絶えず付きまとう。比較するほうがおかしいが文化度は京都がダントツに高い。
d0370724_11562442.jpg

[PR]
by 1959-01-28 | 2017-11-19 11:58 | お出かけ・出会い・おいしいもの | Comments(0)

垂水で用事を済ませて、また市街に戻った。OPAの金券があったので、焼賣太樓さんで夕食をとった。店長さんが話しかけてきてくれた。また三宮で新しい店を出店するそうだ。強気だ。「ほんまによう頑張ってますね!」と言ったらお店のスタンプをおまけしてくれた。うん、また来る。

8時過ぎにはジャバさんが開いていたので、戻ったら9時前だというのに閉店していた。ママさん姉妹ももうお年だしな、、。で、元町まで高架下を歩くことにした。かなり店じまいしていた。空きテナントには募集中の張り紙がしてあって"揚子江"という不動産屋さんが管理しているようだ。安いのかな?。また、ギャラリーを持つ検討をしたくなってきた。自重しなくては。

JamJamさんに着いた。あれ?今日はお客さんが少ない。いつもはおしゃべりできる区画には、こ洒落な男女がたむろしているのに。こ洒落族は浮気症なのかな?違う場所に移動したのかもしれない。コルトレーンがかかっていた。ライブの"ソフトリー"だ。お!マッコイのピアノのチューニングが無茶苦茶だ。この時代の箱のだらしなさというかアバウトさがいいな。案外、演奏する側が本物でさらに狂気とか熱気みたいなものがあれば、多少のホンキートンク状態は気にならないものだと感じた。

ということは、私はしっかりとチューニングしておかなければならないということだ。やはりデジピでシステム構築だ。
d0370724_00383915.jpg

[PR]
by 1959-01-28 | 2017-11-13 00:42 | お出かけ・出会い・おいしいもの | Comments(0)

ほろ酔い気分で家路を急いだ。月がとても綺麗だった。
d0370724_12580881.jpg

[PR]
by 1959-01-28 | 2017-11-07 12:58 | お出かけ・出会い・おいしいもの | Comments(0)

日が暮れるのが早い。垂水から元町に向かった。一貫楼で支那そばを食べることにした。一階を全部潰して厨房にしていた。二階で食事をとった。あれ?若い綺麗な女性のおひとりさまがいる。時代は変わったなとおもった。食事を終えてふらふらと商店街に向かった。ジャムジャムは閉まっていた。そういえばジャバもこのところシャッターが下りたままだ。大丈夫かな?。だから?&?に行くことにした。店内に客は居なかった。ジントニックを飲み、ひとり贅沢な時間を過ごした。ここの照明は舞台照明のようだ。青でベースを造っている。赤のスポットはレジに向かっている。
d0370724_12485117.jpg

[PR]
by 1959-01-28 | 2017-11-07 12:49 | お出かけ・出会い・おいしいもの | Comments(0)

13:20にあっけなく車検が通ったので、ラストオーダーの14:00に間に合うとおもい、魚住から御影に車を走らせた。やった間に合った。公会堂がリニューアルされてから初めてだ。白ペンキを塗り替えただけで何も変わってない。あの品がよくて可愛らしいウェイトレスさんも、前と変わらずニコニコと席に導いてくれる。オーダーは鉄板のハヤシソースのオムライスセット+コーヒーだ。客層も変わらず御影~六甲界隈のちょっとタイムスリップして風変わり(いわゆる阪急山の手ルック)なおじいさま・おばさまたちだ。みんなママチャリ(笑)かタクシーでやってくる。2年ほど前に大阪の守口に住むアラフォー女性を連れてきたことがあるが、どんなに着飾っていても、あの人たちの雰囲気に同化してなかったことをおもいだす。
d0370724_22440831.jpg

[PR]
by 1959-01-28 | 2017-09-28 23:01 | お出かけ・出会い・おいしいもの | Comments(0)

理想の終の棲家

昨夜は台風が真上を追加して行ったので、引きこもり考えた。本当に迷う。以下が必要事項だ。

■基本
・公共交通機関利用、車の運転回避
・医療機関・スーパーの隣接
→街中

■生き甲斐
・マニアックな音楽・文化を表現する環境・仲間
・静寂な自然・歴史の隣接
→左京区

■交友
・母親の施設、昔の仲間
→元町・三宮、垂水

賃貸にしても移住は面倒くさいしお金がかかる。結局は垂水の実家に戻るのが一番正しい選択だ。維持管理をする代わりに固定資産と諸維持費は免責にしてもらう。出費は生活費・娯楽費だけだ。駅から山道歩きが2kmありバスのない深夜の帰宅時は辛いが、よく考えると家賃がただ状態なのだからタクシー代位出せる。頻度も低い。時間はたっぷりあるのでタクシー待ちも耐えられる。買出しは計画的にイオン宅配に頼もう。もしもの場合に備えては、半径4km・時速40km/h範囲の高齢運転者シール付ちょい乗り用に17年落ちの軽自動車(車両保険¥0)に再度乗り換えて維持費を最少化だ。

しかし左京区との行き来は片道2時間か、、。移動時間よりも同じ時間・空気を感じる時間が少なくなることが辛い。やはり2万円で学生アパートを借りるか、アトリエを本気で持つか。


[PR]
by 1959-01-28 | 2017-09-18 11:55 | 雑感・お知らせ・老人一人暮らし | Comments(0)

須磨寺での昼食の後、会社の同期の送別会まで時間があったので三宮に行った。さんプラザのVOICEさんでコーヒーを飲みながら蔵書の70年スイングジャーナルを読んだ。お隣では先輩ミュージシャンたちがライブの打合せに余念がない。結構、山陰側で仕事が入るらしい。打合せを聞いていたらピアノが弾きたくなり同じビルの石橋楽器さんに行ったが、デジピではやはりピンと来ない。居留地の古い一般のビルまで行くことにした。ここの休憩室は使用者のためのものだが、なぜかヤマハの電気ピアノが置いてある。このピアノは響板がないだけで生ピと変わらない。邪魔にならないように小さい生音だけで弾いて遊んだ。「いいね」と休憩から職場に戻る人たちが声をかけてくれた。そんな粋なふれあいがこの街には残っている。
d0370724_10350966.jpg

[PR]
by 1959-01-28 | 2017-09-16 10:55 | お出かけ・出会い・おいしいもの | Comments(0)

セブンイレブンですごいハイボールをみつけた。"神戸居留地"と印刷されている。確かに御幸通の商社が販売しているが、製造は栃木県だ。いわゆる"ノックダウン"商法か?。原材料に麦芽エキス、食塩、糖類、香料、酸味料とあらゆる混ぜ物が表記されている。私には評価が不可能だ。発泡酒全盛の世間の味覚では今はこれがおいしいのか?バイヤーの魔がさしたのか?とにかくわからないので、神戸にあるバーがどういう感想を持つのかをお土産にもっていって試してみようとおもった。
d0370724_10024264.jpg

[PR]
by 1959-01-28 | 2017-08-18 10:03 | お出かけ・出会い・おいしいもの | Comments(0)

昨昼に入ってみた。チャーシューの煮かたと枚数の具合や麺の細さ、セルフのたくあんの甘み、色、サイズなど、一目で第一旭の模倣だということがわかる。ただ、肝心のスープが私には?だ。しかし流行っているから美味しいのだろう。客はみなD*Nな感じで店員の女子たちも完全ヤ*キーだった。
d0370724_10162532.jpg

[PR]
by 1959-01-28 | 2017-08-17 10:17 | お出かけ・出会い・おいしいもの | Comments(0)