人気ブログランキング |

小室と眞子問題

「論旨がわからない長文釈明文書が発表されたそうな。そのことでワイドショーは一時間近くも下らない議論を能無しタレントにさせて時間を稼いでいる。またあのペテン師親子の映像が映し出されたのを見て吐き気がした。本当に悪党顔だ。今朝は眞子の出勤映像が流れていた。運転手付きの高級外車で出勤てな、、、。この問題は眞子がとっとと皇室離脱して庶民になって結婚することで解決するのが望ましい。そしたら小室親子は手のひらを返して破談にするだろう。金と権力のバックアップがなければあんな容姿的にも疑問がある世間知らずを嫁にもらっても意味がない。多分、恥ずかしい写真をネタに破談金をたんまりとふんだくるのだろう。そしてタレントにでもなるのだろう。なんせ悪党として世界中で知られた面だ。こんなスキャンダルを容認している政府って何だ?、ご主人は我々納税者だぞ。そんな無駄遣いを許すわけにはいかない。」

と、日本国民のほとんどは感じているのだろうと推測した。皇室と宮内庁への不信感は大和民族間の不協和音と分断を産んでしまうと懸念してしまう。私はこの問題に関してはどうでも良い。どちらにしても税金は利権の為に無駄に使われていくから節税するだけだ。ただ、日本国民がこのふたりや皇室を間違った方向で模範にしてしまい、どんどん狡くなっていくことを憂う。私もこのケースは日本国民の模範にはならないとは思う。

# by 1959-01-28 | 2021-04-13 08:26 | 雑感・お知らせ・一人暮らし | Comments(0)

■70歳定年
・いびつだな。労働がそんなに楽しいか? 私はひとり断捨離して身の回りを軽くしている作業が楽しい。労働に時間を取られていたら自分整理をする体力・気力が無くなってゴミ(物理的+精神的)に囲まれた生活を余儀なくさせられる事になる。

■まん延防止等重点措置
・無意味だ。週末の嵐山に来ていた観光客への取材を見て笑った。「思ったより人出が少ないですね、はい、感染に気を付けて観光しま~すぅ」とバカ女子が恥ずかし気もなく顔出しで答えていた。こんなバカから銭を巻き上げる為に"闇営業"が横行するだけだ。

■老化
・最近は"人生幸朗"師匠に似てきたような気がする。何もかもが不満だ。自分がいつも正しいと思うようになってきた。激しく老化が進んでいるが、それが楽しいから妙な気分だ。

■無能・無力化
・昔の栄光の記念品を全部捨てたくなっている。今の自分との差が大き過ぎる。中年の頃は若い時の作品を見ては「未熟だったな」と考えていたが、今はとても素晴らしく輝いて見えてしまう。「もうこんなのは創れない」と落ち込んでしまう。創造したり学び増やす事もとても億劫に感じる。できるだけ努力しないで覚えている事も捨てて楽になりたいと思う。

■一人遊び
・たまにベーストラックを作ってピアノ即興をするが、とてもしんどい。自分の弾いたベースラインなのに付いていくことができない。追い立てられているような気持ちで落ち着かない。脈が上がってストレスを強く感じる。自分自身にさえ合わせるのがストレスだ。これからはルバートで好き勝手にソロピアノを楽しむことにする。

■快楽
・自分の好き勝手にすること、その時々の思い付きで遊ぶこと、、、。今の生活に必要なものだけを身の回りに置いておくこと。

還暦は赤ちゃんになり人生を最初からスタートする転機だとつくづく思う。今までの人生で嫌だったことを全て捨てて、快適に生きることができる。その為の60年間の苦行だった。なんでそんな苦行を背負っていかなければならない?。"空になって生きる"のが良いとおもう。もう昔の名刺なんかも捨てよう。仏語の参考書ももう不要だ。心理的にお荷物になるだけだ。

老化→無能・無力化→\"あきらめ\"+\"居直り\"+\"一人遊び\"+\"批判\"=究極の快楽_d0370724_10251110.jpg

老化→無能・無力化→\"あきらめ\"+\"居直り\"+\"一人遊び\"+\"批判\"=究極の快楽_d0370724_10251866.jpg

老化→無能・無力化→\"あきらめ\"+\"居直り\"+\"一人遊び\"+\"批判\"=究極の快楽_d0370724_10252302.jpg


# by 1959-01-28 | 2021-04-12 10:25 | 自己啓発・断捨離 | Comments(0)

メリット
・夫人、子供全員が平等
・奇妙・滑稽な倫理観に悩まされない
・富の再分配
・豊かな家庭に生まれる優秀・優良児が量産される

一夫一妻と言うキリスト教のご都合倫理観を無宗教な日本人が信じてしまっているから少子化問題が起きてしまった。フランスのように十分な補助金が政府から付与されて3人も子供を産めば女性はそれだけで十分に生活できるようにするには財源が足らないし非効率で無駄だ。劣等化も進む。

これからは一夫多妻制のイスラム民族が反映していくことは目に見えている。大和民族を維持繁栄させたいのなら一夫多妻制を選択できるようにするべきだ。金持ち実業家には妻と子供の数に応じて大幅な減税をしてあげれば良い。「結婚できない若者が増える」とお花畑な文句もでるだろうが、"できない"のではなく"しない"のだと思う。婚姻届を出すだけじゃないか?。成立にはお相手の同意が必要なだけだ。お相手の求める要件を満たせるように努力すれば良いだけだ。それが財力の場合もあるし"こころ"の場合も多いにある。"こころ"を込めてもがいて、行動して少しでも形にできれば通じることもある。戦時中の兵士のように略奪も正義なのかもしれない。頭は柔軟にして使うものだ。

ようするに民活だ。政府ができないことを代わりにしてくれてやる。金沢の旦那衆のように振舞えば良い。我々庶民はそれに感謝してせっせとお眼鏡に叶う女子を育てれば良い。容姿だけでなく品格・教養、旦那を思いやる心だ。男女平等だから一妻多夫も選択できるようにしたら良い。可愛らしいアイドルのような美少年夫を侍らす大ボス・ニャジラ様がいても良い。その場合は美少年夫に一夫多妻制を並行して付与し他の妻との子作りを奨励する。減税はするが、万一、美少年夫に資金を援助しない、子作りを禁じるとペナルティがあるように法改正をすれば良い。子作りを禁じるならば自身が多人数を出産することを法律化すれば良い。そうか!、夫全員を平等に扱わなければならないから、夫の数だけは子供が増える。

無茶苦茶な倫理観が欠如したように思える発想だが、他に少子化を食い止める方策があるか?。今までの方策が成功しているのか?。イスラムの人々の前で一夫多妻が悪いことを言えるのか?。富を独占されることには抵抗するが、このように未来の大和民族社会に還元する姿勢の金持ちは尊敬する。それが支配欲とか顕示欲でも構わない。私は喜んで羨望して賛美する。写真の富豪なんてもう羨望しまくる。一週間のローテーションで毎日とっかえひっかえじゃないか。絶対にマグロだろう隣の第一妻と過ごす日は苦痛だろうな。その他はもう夜が待ち遠しくて仕方がないだろうな。第一妻を除く全員を平等に愛するだろうな。妄想が激しい。

一夫多妻制が選択できるようにするべきだ_d0370724_12524016.jpg



# by 1959-01-28 | 2021-04-11 13:25 | 雑感・お知らせ・一人暮らし | Comments(0)

不用品を売るのは精神的に疲れる。換金されるのは楽しいが、購入価格や思い出を差し引きすると大損だから嫌になってしまう。だから、新居で使う備品を購入する資金にすることにした。そしたら、楽しくなった。

15年ほど前に購入したリモワを売却することにした。これは朝にザルツブルグで私のカバンが壊れたので、夕方に戻って来たミュンヘンの百貨店で慌てて購入し直したという亡妻との愉快な思い出がある。その後にヨーロッパのあちらこちらを亡妻とこのリモワと共に毎年2回は旅をした。

でも亡妻を看取ってからは使っていなかった。おひとり様でこんなお高いお上りさんカバンを持って空港バスを降りてオベール駅までオペラ界隈をうろついていたら強盗かスリに遭遇する確率がとても高くなるし、空港~北駅の電車内でボコボコにされて強奪される。やっぱ、中国製の3千円カバンに限る。とにかく貧乏くさく気配を隠すのが鉄則だ。

その売り上げ金で同じドイツ製の"双子"ブランドの鍋とフライパンを買う為に、彼女とアウトレットに行った。これは彼女が前から狙っていた台所用品だ。迷わず大人買いして岡本の新居用にすることにした。最近彼女は小奇麗にし始めた。神戸っ子憧れの岡本婦人になる準備をしている様子だ。だから台所用品を良いものにしたことをとても喜んでくれた。そういえば、居留地のタワマンに移住した友人の奥さんは御影・岡本を狙っていたそうだ。友人は不便だと一喝して諦めさせたそうだ。「そりゃそうよ」と彼女はつぶやいたが、旦那側の立場か奥さん側の立場だったかは聞かなかった。

こうやって、その時期に合う所有物に変化させていくのが正しい姿なのだろうな。必要なものはその都度変化する。そういえばパリのお婆ちゃんが日本に帰って来たがっている。高齢だしコロナだし、うんざりしている様子だ。それに死んだら遺産の65%が政府に没収だし、他人は遺品整理ができない法律らしい。スーモを紹介した。でも、あんな華やかで文化的な都市に代わる街なんてあるのかいな?。このお婆ちゃんもまた環境を変化(劣化)させようとしている。

もう私も渡仏することは無くなるだろうな。だから居住地・住環境や家屋をアップグレードする。近所の小洒落なブティックやパン屋・カフェを巡る散歩を彼女と日常的に楽しむのも悪くない。天気が良ければひとり三宮・元町に出向いてストリートピアノを迷惑演奏した後で中華料理を堪能するもの良いな。家も環境も家財も人生もすべてリサイクルが良いな。亡妻を忘れてリサイクルしようとしていることに後悔は無くなった。今現在の心の安定を与えてくれた彼女に感謝しているし、答えたいなとも思う。

本当のリサイクルの気持ち良さを感じた_d0370724_11425110.jpg

本当のリサイクルの気持ち良さを感じた_d0370724_11425957.jpg




# by 1959-01-28 | 2021-04-11 11:45 | 自己啓発・断捨離 | Comments(2)

コロナが大阪が大暴れだ。わかる気がする。メガロポリスの東京人が真剣に自粛して感染を抑えているのに、田舎都市の大阪はだらしないのだろうな。おかげで兵庫が迷惑している。大阪人には尼崎までは良いが西宮以西には来ないで欲しい、住まないで欲しい。と、神戸っ子の大半は思っているだろう、知らんけど。

テレビで役人がオレオレ顔でワクチン接種の予定を説明していた。あれ?、国産ワクチンは何処へ行った?。まったく話に上がってこないぞ。そういえば、日本初で世界一なんて最近は聞いたことがない。白血病の選手を持ち上げてオリンピックをプロパガンダしている暇があったら、もっと医薬・技術開発に力を入れたらどうなんだ?。IT立国日本で何処に行ったのだ?。唯一残った自動車も電気自動車レボルーションで終焉を迎える。行政が脱炭素とか言ってそれを後押しして加速させている姿が滑稽だ。

これも若い人の人口が少ないのが原因なのかな?。「給料安くて結婚・子育てなんてできないよ」、、、。おかしい、優秀で金持ちで余裕のある若者もいることは統計上の事実だ。だったら、一夫多妻制を合法化して当たり前なこととしてプロパガンダすれば良い。金持ちの男は実業的にも遺伝子的にも優勢なのは生物学上の事実だろう。だから女から狙われる。その優秀な雄の子供を量産すれば日本国の人口構成上も優秀な民族維持強化にも良いことは間違いがない。ライオンのように「何人の妻がいるか?」がステイタスになるもの良いではないか。それが、体力・性欲=雄の強さ、経済力・政治力=雄の強さ、頭の良さ=雄の強さ、に起因することは間違いのない事実だ。

しかし、これだけが人の価値でないことも事実だ。人には情があり助け合う力もある。言いたいことは、我々凡人はその競争に参加しなくて良い。ただ、そういう能力がある人間にはもっと自由に恋愛して優秀な子孫を量産して欲しいと言うことだ。これがいけないことと避難する人は劣等感が強いのだと思う。人にはその人に相当な処遇があるのだ。飛行機にボーディングする際にファーストクラス搭乗順番に並んで文句を言っているエコノミー貨物客と似ている。

もちろん私は文句を言っている側の貨物客だ。だけどそれはおかしいことも自覚している。私は文句を言って自戒しているのだ。「よし、絶対に金を貯めて乗ってやる」と成り上がることに邁進していた。嫉妬とか劣等感をバネにして人生を楽しんでいた。そうやって勝ち取って来た人生は楽しかった。老齢化した今は無意味だけど。今は乞食みたいな恰好して下町を昼間から飲んだくれて徘徊するのが楽しい。全てから自由なのが快楽だ。

でも若い男にはまだそうなって欲しくない。成り上がって上等な女をたくさん養って欲しい。一夫一妻だから不倫とかややこしいことになる。

日本は後進国だと理解した_d0370724_10014280.jpg

# by 1959-01-28 | 2021-04-11 10:51 | 雑感・お知らせ・一人暮らし | Comments(0)