人気ブログランキング |

夕方に80年代型喫茶店に行ったので、その時代が懐かしくなり、シーウィンドというバンドの動画を観た。あの時代には結構マニアックだったような気がするが、それは単に自分が地方にいて情報が入って来てなかっただけかも知れない。多分、青学とかのフワフワちゃん達は知っていたのだろうな。あ~、もっと勉強して上京していればよかった。そしたら人生はまったく変わっていただろうな。

ライブ映像が二つ見つかった。ひとつは79年でもうひとつは80年だ。全然ちがうバンドのようだ。79年はトミーリピューマがプロデュースして80年はジョージデュークという黒人がプロデュースした。だから80年の方がファンクしてしまっている。よくみると80年の方はトランペットがいない。このトランペットはこの後でデビットフォスター軍団に参加してホーンアレンジャーとして業界の親分に成り上がった人だ。多分、白人AOR的な事がしたかったのに、レーベルが勝手に黒人をプロデューサーにしてしまったのでへそを曲げたのだろう。

この後でイエスというプログレロックバンドの映像を観たが、どの時期がオリジナルなのかわからなかった。クリススクワイヤーがキーボードを弾いている動画が見つかったりして訳が分からん。でもよく観るとクリススクワイヤーだけが一貫してイエスのメンバーだとわかった。実はこの人と同じベースを人生一番最初に買った。もちろんアリアプロⅡのコピーもんだ。あの時代には超絶技巧におもえたが、今は私の方が上手い。時代とはそんなもんだね。どんどん進化して陳腐化していく。だから私も今の若い人にはテクニック的にはまったくかなわない。

話は戻るが、シーウィンドってテクニック的には完璧すぎるが、ひけらかし感がないのが印象良く、ショーバンドなのだがどこか野暮ったくてよい。そんなアナログでローテク映像・音響な時代だったかな?。

78年


80年(なぜか動画が貼れない?)
https://www.youtube.com/watch?v=R61kuvWS6r0

# by 1959-01-28 | 2020-01-27 01:06 | お楽しみ(音楽/写真、他) | Comments(2)

昼下がりに舞子公園~垂水間を山陽電鉄に乗った。瀬戸内の海沿いの丘にある住宅地は海からの太陽の照り返しがあり、明るく穏やかで変わらず平和だった。電車もコトコトとゆっくり走るのでこれまた昔のとおり眠たくなった。

松屋に入って全国展開されたジョージア国の郷土料理定食を食べた。私はスノッブなのでこんなアイデアは大好きだ。

母親へ持っていくおやつを物色していたらタルトタタンを提供しているケーキ屋を見つけた。私は三田市で油だらけで焦げ焦げのパイを平気で売りつける、なんとかロールで全国的に宣伝しているペテン店を見てきているので、こういう本物のケーキ屋を近所で見つけるととても嬉しい。これだけでも表側へ脱出してきた意義がある。

以前から気になっていた喫茶店に入った。少し先輩のお爺さんが切り盛りしていた。まさに1980~1982年な店だった。少し豊かになりゆとりができて洗練されてお洒落になりかけた時代だ。BOSEから流れるBGMが杏里だったのがよかった。68~70年代の店は案外にしぶとく残っているが80年代初頭が残っているのは珍しい。日本人はこの辺から軽薄になり、安易なスクラップアンドビルドが始まった。その流れのままでバブルに突入した。

オリビエを聴きながら昭和後期にまどろむ_d0370724_19462935.jpg

オリビエを聴きながら昭和後期にまどろむ_d0370724_19465216.jpg

オリビエを聴きながら昭和後期にまどろむ_d0370724_19471875.jpg

# by 1959-01-28 | 2020-01-26 18:54 | お出かけ・出会い・おいしいもの | Comments(0)

釧路のこんな過疎の交差点で、横断歩道を通行中の女性がひかれて意識不明だ。自動運転を慎重にするのはわかるが、せめて自動ブレーキとかGPSを利用した速度制限機能とかは強制力をもって施行するべきだ。経済的理由で装着できない人間や企業には罰則を加害者に対して致命的レベルにしてけん制すべきだ。もしくは、障害物や速度制限を検知して爆音サイレンをならす外付けデバイスならドライブレコーダーとカーナビの延長でコンパクトに安価でできるはずだ。そのデバイス装着を強制すればよい。オリンピックするなら、その原資をこのデバイスの普及に使えばよい。なんでこんな発想が運輸省にないのだろう?。国土交通省と名前だけ変えて癒着した業者を潤しているだけじゃないか?。アホらし。

日本ってすでに後進国だし国民も無能だと感じる_d0370724_11365854.jpg

# by 1959-01-28 | 2020-01-26 11:37 | 雑感・お知らせ・一人暮らし | Comments(0)

win10に更新した際に過去の資料を保存していたSDにバックアップが上書きされてしまった。写真を含めて亡妻との思い出が全て消えた。このところ、こういううっかりミスが多い。本当に守備範囲が狭くなった。現在起きていることしか管理できなくなっている。それを自覚しているから落胆が無い。もう自分には無理なのだ。それがわかっている。

あとは転居したことの影響も大きいし、なんとなく気が合い互いにリラックスできるひとつ年下の女友達ができつつあることも作用している。昨夕もお茶してたわいのない会話を楽しんだ。互いの人柄を探るような会話が成熟した男女なのだなとおもった。素敵な人だなとおもい、映画のデートの申し入れをしたら「私でいいの?」と言いながらも快諾してくれた。

若い時は、遥かに遠い目標を設定して地に足がついていない状態で駆け上ってどうにか達成する人生を楽しんでいた。今は地に足がついていなければ何もする気が起きない。地に足のついた平凡な日常の中に楽しみや幸せがあることに満足している。だから達成してゴミになってしまった過去も妄想に近い遠い未来も私には価値が無くなってきている。「今日・明日は何しよう?」なスタンスが一番楽しい。

健康で穏やかな日々がおくれればそれだけで良いな。その為にはそれほど多くは要らない。

# by 1959-01-28 | 2020-01-25 13:08 | 雑感・お知らせ・一人暮らし | Comments(0)