人気ブログランキング |

眼の前の時計をじっと見つめてみる。あっと言う間に3分が経つ。子供の頃にチキンラーメンの3分間がとても長く感じられて待てずに1分半程度で蓋をあけて食べていたことを思い出す。これはまずい。あっと言う間に年をとってしまう。なんて書いていて途中でベースを触っていたらもう15分も経過した。

もっと無駄を省かなければ、そんな焦りがある。今夕に実家近くのマダムからお茶のお誘いがあったが、自宅にいたので行けなかった。実家にいたら10分で参じたのに、、。この自宅は早く捨値で売ってしまおう。向かいはDQNでパーティピーポーだし、地価がさがりおかしな住民も増えた。そして深刻なのは、判で押したような低層リーマン世帯しか住んでいない事だ。入植したときの金妻もどきは何処に消えたのだろう??。

盆休みが終わったらまた不用品整理も加速しよう。そして実家に引越ししよう。どんどん無駄なものを捨てよう。要領よく最小限の投資で最大限の成果をあげよう。成果は具体的に的を絞ろう。それのPDCをまわすことに幸せを感じるのだ。そういえば最近は人の音楽をまったく聴かなくなった。自分の弾いているウネウネとしたベースラインだけを聴いているのが楽しくて幸せだ。だから持っているCDも売ってしまおう。もうすぐ写真もそうなるだろうな。とにかく"受身"でいるほど時間が無駄な事はないと感じるようになった。とにかく自分を出すことしか出来なくなってきている。

そういえば、この最近はこんな記事ばかり書いている。ひょっとしたら自己改造が成功したのかも知れない。とにかくリーマンとは違う精神構造で余生を送りたかった。今まで守りに入っていてセーブしてきた、抑圧してきた性格を表に出したかった。それが開放され始めたのかもしれない。もう少ししたら自分のやっていることに完全に自信が持てるかも知れない。そんな予感がし始めた。

白黒銀塩写真とベース演奏とパリのカフェ飯・会話だけに喜びが集約し始めた。女にも興味がなくなった、、、訳ではないな。この最大の煩悩にどう対峙するのか?。とにかく中途半端なのには手を出さないことだ。同世代ならば同じ生活水準で同じような体験と価値感をもった女性、若かったらとにかく美貌と体だ。いつもだったらここで現実に気がつき自分を卑下するところだが今夜からしないようにする。世間に気を使った謙遜とか卑下をする必要はない。自信は持つが自慢はしない。つまり何も言わない。ただ、作品や演奏だけで評価してもらうようにする。女には自分の感情と気持ちだけで接する。したかったらお願い・交渉するだけだ。

もう面倒臭いことはやめた。時間がもったいない。人に頭を下げるとか忖度するとかの卑屈な姿勢も不要だ。全てが対等にあるのだ。また脱皮だ。

# by 1959-01-28 | 2019-08-18 01:03 | 自己啓発・断捨離 | Comments(0)

今日はフラ語の規則性をまとめて一日が過ぎた。口語だけなら20枚程度でまとまりそうだ。所詮は言葉だ。構造は単純だ。なぜ参考書ってあんなに文字数が多くて要領を得ないのだろう?。答えはページ数を多くしないとお値打ち感がでないからだ。昔から頭の良いやつはサブノートを作成して要領よく志望大学に合格していた。私はこの年になってようやくその能力が身についたようだ。
d0370724_23482473.jpg

# by 1959-01-28 | 2019-08-17 23:56 | パリ行き・仏語学習 | Comments(0)

■疲れない
台風の影響でニュータウン付近の交通はマヒしていた。過疎なので対応の優先順位が低いのか、地盤が脆弱なのか?。とにかくここに住んでいてはダメだとまたおもった。やっと都会にたどり着いて乗った京都に向う電車は五山の送り火需要で満員だった。京都に着いてもインバウンドの嵐で歩行にとても手間取った。万灯会の場所まで往復30分、撮影が2.5時間で急坂を上り下りしながら撮影場所を探していたから、3時間もうろうろ徘徊していたことになる。移動は往復4時間だった。おまけにアルミの重い三脚もずっと持っていた。さぞかし今朝は疲れて動けないだろうとおもっていたら、ピンピンしている。

■機材が欲しい
ナップザックに機材一式を放りこんでいったのでごちゃごちゃで取り回しが最悪だった。カメラバッグは写真のような骨董品を持っていたが最近捨ててしまった。ネットで探してみたら、こんなハードケースはどこにも売っていないことに漠然としてしまった。自分は完全に50年前のまま止まっていた。月曜日に最新のバッグを見に行ってみようとおもった。あと三脚も万灯会で出会った爺さんが黒くて軽そうな一脚+自由雲台を持っていて高感度デジカメでホイホイ撮影していたのが気になっていた。調べたら今はカーボン製なんだ、知らなんだ。そして雲台も私のは昔のダイキャストのやつなのでとても重いし、3軸調整で取り扱いが面倒だった。今のスナップ的な撮影ならば自由雲台がベストだし、これも調べたら大きくてすごく丈夫そうな製品が沢山あって目移りした。世の中ってすごく進歩していた。こんなことをキャッチアップしていなかったなんて、自分は本当に好きでカメラをつくっていたのだろうか?。でもこれは仕方が無いよ。職務=労働にしていたから、たまのオフはそこから逃げたくなっていた。

■明確な目的を持つ旅行は人生を豊かにする
よくよく考えたら、ロケに行く時間はいつでもあるし、疲れれば休みたいだけ休めばよい。カメラ機材程度ならお小遣いが出せる。これはすごい贅沢を手に入れたのではないか?。とにかく旅行は元々楽しいが、撮影=作品ネタ仕込みという明確な目的があるともっと充実して楽しい。わからないことを漠然と探して彷徨い時間を消費するというのはよくないな。そう考えたら、ガイドブック片手に観光旅行するのは実はとても充実していて良い体験なんだなと考えるようになった。その行為が次につながっていく、たとえ「楽しかったね、次はどこにしようか?」でもだ。

■人生は若い時に好きだったことをPDCすることで幸せになる
目標とステップアップのPDCだ。諸事情から還暦は人生の終着点のように考えた時期もあったが、そうではなかった。結局は生まれてからずっと同じ要領でPDCを設定して人生を楽しんでいる。諸物価が安くなっているのと、ある程度の蓄財がある今の状況は最高に恵まれている。おまけに誰も私を止められない。それと、やはり年寄りは精神的には子供帰りする。それも青春期にだ。ひょっとしたら撮り鉄に戻ったらもっと幸せかもしれんな。
d0370724_16260852.jpg




# by 1959-01-28 | 2019-08-17 16:24 | お楽しみ(音楽/写真、他) | Comments(0)

どうも今夜の露光が不安だ。だって夜間露光は高校2年の時に網走機関庫でC58を撮影してからやった事がなかった。若いって感性が凄いね。失敗していなかったし、凄くディテールも出ていた。今夜もその調子で勘で露光してしまっている。

だから明日の夜にデジカメで露光をエミュレーションしてみる。ひょっとしたら減感現像しなければならないか?。

なんか凄く楽しいぞ。

# by 1959-01-28 | 2019-08-16 23:43 | お楽しみ(音楽/写真、他) | Comments(0)

万灯会でのぼせあがった

いかん、冷静に被写体を極めきれなかったし、バルブ露光が適切だったか自信がない。ブランクって怖いな。これから毎日デジカメでマニュアル撮影して特訓だ。写真も瞬間芸だね。音楽と同じだ。これは大変な事に手を出してしまった。

帰りに木屋町に遊びに行って京都の写真関連の人を二人紹介してもらうことになった。具体的には9月のロケが終って11月の渡仏用ポートフォリオの制作を相談する。京都って風変りな事をしていても何となく生きていけると教えてもらった。

当初の計画どおりにママチャリで洛中を駆け回る人生も良いかな、、。

五山送り火に人気をとられて、私のロケ地はカメラマンが私を含めて三人だった。提灯は対象としては難しいね。そっちに意識をとられたら只の観光写真だし、光源としてもとても厄介だ。

でもとても楽しかった。お盆の霊気の中に思い切り飛び込んだ。人間ってどんな事でも出来るもんだ。また一つ吹っ切れた。しかし、もう60歳と7ヵ月か、、、ペースが遅い‼️

# by 1959-01-28 | 2019-08-16 22:27 | お楽しみ(音楽/写真、他) | Comments(0)