垂水 旧M地外科の裏の古家

まだこんな古家があった。特に想い出深いのがこの杉板の塀だ。私たちの子供の時はこんな塀ばかりだった。下校時によくこの辺を通りかかり、杉板塀に釘で引掻いて落書きをして遊んだ。当時はなぜか五寸釘が道端や空地にたくさん落ちていたのだ。別に悪気もなく、筆もキャンバスもお膳立てされていたので、みんな、ただただ無我夢中で描いていたのだ。描くといっても、相合傘とクラスで噂のカップルの名前を書く程度だったが、、。今や優良校区だが私たちの世代はどこにでもいるただの悪ガキだった。
d0370724_11282315.jpg

[PR]
by 1959-01-28 | 2017-09-14 11:32 | お出かけ・出会い・おいしいもの | Comments(0)