人気ブログランキング |

タグ:シニア ( 698 ) タグの人気記事

■ブログを書く時間が長すぎる
×課題
この最近は途中でまとまらなくなる。集中力もなくなっているので、文章作成途中で休憩してしまう。余計に時間がかかってしまう。
○対策
夜はそうならない。多分、一日のまとめをしようとしているからだとおもう。よって、夜にまとめ書きすることにする。

■時間つぶしが長すぎる
×課題
多分、ゴミ屋敷の住民と同じ精神状態になっている。"逃避"だ。実家からの持ち帰りゴミを溜めすぎている。来週金曜日にしかトラックが借りられない。動けない。
○対策
明日は、2階スタジオを整理する。①ヤフオク売却品、②リサイクル買取依頼品、③梱包資材、④廃棄物、にきっちりと仕分けして置き場所を整理する。そうしないと流れ作業化できず、混沌として頭が整理できない。結果として行動できずにフリーズしてしまっている。その結果が逃避してただ休憩して時間つぶししていることに結びついている。

しかし、時間つぶししてグダグダしているのも、実は健康寿命を長くしているのかも知れない。だってストレスがない。これもバランスだな。


by 1959-01-28 | 2019-05-22 22:39 | 雑感・お知らせ・一人暮らし | Comments(0)

割と気に入っている光景

昨日に近くを通った。若い時はこの町の下水っぽい雰囲気があまり好きではなかった。自分にとっては神戸の丘の上が唯一住む場所のように感じていた。

でも今はまったくちがう。神戸の丘の上の小奇麗だが、ある程度の規模の住宅以外は何も建てさせなかったその閉鎖性と不便さ、人の営みに触れられない空虚さ、山の手ええカッコしいな住民の嫌味さ、そんな息苦しさを感じるし、なによりも退屈だ。

今は、写真のような町にひっそりと住むのが良いなと感じる。都会の狭い場所にごちゃごちゃと生きている。そんな光景がよい。個人の営みが入り混じっている感じがとても良い。幼稚園児のひとり娘をけなげに育ててながら、貸しビル5階で4畳ほどのスナックを営んでいるママさんもいたな~、どうしているんだろうか?。

神戸の丘の上もそうだが、小奇麗なニュータウンにスタジオを建てたのも、結局は亡妻への献身だったのだと気がつく。その対象の存在が私の心から消えたので、こんな気持ちになっているのだろうとおもう。自分本位で考えるとこうなる。すぐに電車に乗って街にくりだせる。自転車でどこでも行ける。駅前から空港へのリムジンバスもでている。そして部屋にこもったらしっかりと自分の世界がある。本当の自分の姿で暮らせる。万年ジャージ男の復活だ。




by 1959-01-28 | 2019-05-22 16:16 | お出かけ・出会い・おいしいもの | Comments(0)

大陸で仕事をし始めたのは8~9年前だ。その頃は、アップルの下請けだった台湾系フッォクスコンが話題の中心だった。毎月必ず自殺者がでていたし、大規模なデモの発祥地でもあった。女工さんたちが次々に辞めて風俗で働くようになり、超巨大風俗区だった。

今はファーウェイが話題の中心らしい。フッォクスコンはインドにアップル生産ラインを移したそうだ。そして黄掃が行われてから風俗街も寂しくなったらしい。大陸がドラスティックに近代化・浄化された8~9年だった。

仕事をし始めた最初は、ちょうどビルや地下鉄の建築ラッシュで、貧困・怪しさと裕福・豪華さが入り混じったなんともいえない混沌があり、出張が苦痛だった。でも、今になって思い起こすととても良い体験だった。仕事も風俗女子達とも、ガチな人間関係があった。この暑い季節には特に生生しく思い出す。金満ホテルの大窓から見た、真上に上る朝日を"むふふ"と思い出した。

私は先月に富士通からファーウェイのスマホに乗り換えた。安くて性能が良い。外観の仕上がりや操作性なども完成されている。日本はどうなってしまったのだろう?。私のキャリアでも、先端技術を開発していたのは10年前までだった。それからは、大陸に丸投げしている開発を管理するような仕事しかしていなかった。その時期にシンクロして日本企業が画期的な製品を出さなくなり、現在の負け犬の叫び声しか聞えない状況になってしまった。

ジャパンディスプレィも血税3千億円を投入したんだよね?。大陸・台湾に80億円で売却しようとしているが、財務内容が悪いので別にもスポンサーを見つけてこいと要求されているらしい。有機ELなんて20年前からキャッチアップしてたよ。なぜ通産省のおバカさん達は舵取りができなかったのかな?。真剣に仕事しろよ!、責任をとれ!。

この点に関して私は、現役時代に相当の知財権を産む仕事をしてきたから胸を張って批判できる。同時に、オワコンとか言ってただ批判している若者も恫喝することができる。「だったら、自分たちは何ができるんだよ!」と言いたい。

死に物狂いで働いて稼ぎやがれ!、話はそれからだ。でも、それができている大多数の若者は前述の批判や弱音は吐いていないけどね。銀行でも介護の現場でも私が知っている狭い世界では、現場の最前線の若者達は献身的にプロとしてしっかり仕事をしているところを見ることができる。ただ内勤はけっこう怠慢みたいだ。これは数件の具体例を経験している。

確かに45歳以降の正社員の大多数はお荷物だな。大陸では50歳以降の仕事は無い。ただ、隠居として自宅で掃除したり自分のくいぶちだけの畑仕事をするだけだと現場で聞いたことがある。私が最後にいた職場も無能な中高年の掃き溜めで、とても怠惰な勤務態度の人間が多かった。でも、そんな組織も刷新されたようだ。ただ、迷走を続けているうちに販路が狭くってしまい、今後、ビジネスとして生き残るかは利益額だけにかかっているなと感じた。つまり人を喰わせていけているかどうかだけだ。アパレル業界のように突然花開いたカテゴリーだったのに、既存の強みを活かせず、新興業者にもっていかれて反対に売上げを落としてしまった。まさに老害に犯された組織だった。この点に関しては私も同犯かな?。しかし私が開発した製品は未だにその組織のトップセールスアイテムのままなので、最低限の貢献はした。これも情けない話だ。

こんな話はどうでもよかった。言いたかったことは、日本は今まで上手に勝ち馬に乗れていたのに、現在はとても下手になっていることだ。慢心や驕りがあったことは否めない。でもそれはアセンブリーや民生機器の業界だけの話なのかもしれない。私の隠居なので店舗で見かける製品でしか物事を判断・推測できない。多分、能無し通産省がてこ入れしてしまったジャパンディスプレィ以外のデバイスメーカーがしたたかに儲けているのだろうと信じたい。以外とそういう産業構造改革が完成しているのかもしれない。これだと超軽くて汎用性が高くて、プロセスにほとんど人件費がかからず、現在の日本にとても適合している。これだけはノウハウを流出させてはいけない。能無し通産省はジャパンディスプレィの国民のノウハウをただ同然で献上しようとしている。死ね!とおもう。でも、液晶がオワコンだからどうでもよいか、、、。うん!、大事なのは地味ながら息の長い汎用部品だ。頑張って欲しい。

d0370724_13031837.jpg

by 1959-01-28 | 2019-05-22 14:01 | お出かけ・出会い・おいしいもの | Comments(0)

要るもの/要らないもの

■要るもの
・毎日の生活で必ず使っている道具
・お金を産む道具
・過去→現在→未来につながる人、経験・考え方
・愛情・安堵・安心

■要らないもの
・上記以外のもの
・目障り、ノイズなもの
・楽しめないもの
・不自由・拘束を生むもの

こんなところか?。ここで面白い葛藤が生じることがわかった。"愛情・安堵・安心"と"不自由・拘束を生むもの"の矛盾だ。家族とペットのことだ。若い時に読んだ本の中に印象に残っているフレーズがある。「自分で庭をつくる必要はない、お隣の立派な庭を眺めていればよい」、つまり借景だ。私はこちらの考えを選択する。寂しいなんて泣き言を言ってないでメンタルを鍛えなければ!。


by 1959-01-28 | 2019-05-22 12:34 | 雑感・お知らせ・一人暮らし | Comments(0)

昨年77歳で奇怪な死を遂げてから1年経つが事件の真相は分かっていない。多分、掘り下げると本人や会社にとっても不都合なことが沢山でてくるのだろう。損をする遺族もおらず誰も困っていないのだから、このまま迷宮入りするのを待つだけだ。

肛門が緩んでいてダダ漏れだったらしいから、もう自分でも寿命が見えていたのだとおもうし、77歳だったら同世代の半分は死んでいる。そんなもんだ。

そんなことが言いたいのではなく、一番共感するのは、性(さが)に素直だったところだ。この人は女性からの愛情が欲しかったのだ。純粋にただそれだけだ。

「30億円を4千人の美女に費やした」って、750万円/人じゃんか。すごくリアルな女遊びだ。でも約40年間遊んでいたとしても、3.6日で飽きて次の女と遊んでいた勘定になる。だとしたら凄い。

こんなことが言いたいのではなく、"愛は至上"である事が言いたい。そして、この人はアプローチがとても人間臭い。セックスが恋愛の入り口で、フランス人のようだ。

ここまで御託をならべて面倒臭くなった。言いたい事は、3年経ったので亡妻の事は忘れてしまった。だから記念指輪を売ってもなんの感慨も湧いてこない。ただ、遊休資産を流動化しただけだ。死んだ人とはもう会えないので忘れてもよい。それよりは現在も生きている人との再会や新しい出会いを成長させていったほうがよい。

by 1959-01-28 | 2019-05-21 20:40 | 雑感・お知らせ・一人暮らし | Comments(0)

今日の様々な事

■血糖値・血圧
・本当は4月30日に行かなけらばならなかった。すっかり忘れていた。朝食を食べて昼に採血して検査しても102だった。瞬間値としては正常域だ。積分値であるヘモグロビンは7.0で-0.3ポイント良化していた。血圧も118で正常???。
■末端の体温
・先週から養命酒を飲みだした。途端に暖かくなった。若い時にはまったく効かなかったのだが、老人になってからは効果てきめんだ。あとは実家のゴミ処理で上半身を酷使していることも原因かなとおもう。
このヘタレな引きこもり生活でさぞ悪い数字がでるだろうと悲観していたので、うれしくなった。あと、実家近くのカフェの兄ちゃんを応援するつもりでコーヒーだけでなく無理してケーキもたのんでいたことで血糖値をあげてしまうのではと心配だった。取り越し苦労だった。

■婚約指輪と結婚指輪
・病院帰りに梅田で売却した。0.2ctのイエローダイヤが9千円、台座pt2gで6千円、結婚指輪2個3gで9千円と予測していたら、その通りだった。Pt単品の買取キャンペーンを適用してもらい2千円アップの26,440円で買取してもらった。私みたいに相場を勉強してくる客は助かるらしい。なにしろ即決だし、グジグジ交渉して時間を互いに無駄にしない。
・初任給14万円の入社1年目に買った。そう、その一ヶ月分全てを使い買った。会社の近所の同僚の親戚の宝飾店で安くしてもらった。ダイヤとプラチナ、永遠に価値があると信じてこんでいた。うそつきどもめ!!!。
・当時のPtの相場は現在の1/3だ。ダイヤは知らないからそのままスライドしても、正味小売価格1.4万円のものを10倍で売りつけやがった。"知らない"ということは恐ろしいことだ。
■亡妻が亡義母からもらったパールのネックレスとピアス
・値がつかない。「ほんまか???」と、昭和55年に発行された神戸大丸の保証書を確認した。「これは真珠に間違いない」とだけ書いてあった、、、、。ペテン師商売だと確信した。「大丸め、はよ、潰れろ」と念じている。
母親も宅配に来ていた神戸コープに騙されて沢山のパールを買い込んでいた。それらは、現在、私の自宅に一時保管している。保証書は神戸コープが自分で発行しているが、やはり「これは真珠に間違いない」とだけ書いてある。真珠商売というのは、昭和の少し金持ちになったバカな大衆相手の錬金術だったのだと理解した。二束三文でよいから、買い手をみつけて大陸の成金大衆が浮かれているうちに売りぬいてしまおう。なるほど、宝飾商売とはババ抜きゲームだ。

by 1959-01-28 | 2019-05-21 19:22 | お出かけ・出会い・おいしいもの | Comments(0)

納屋のゴミを取り出していたら白い動くものを発見した。ネズミだ。あちらこちらに糞が付着している。こんなものを持ち帰るのかとおもうと気がめいった。また未開封の水の入ったペットボトル6本入りの段ボール箱があった。灯油用のポリタンクが5個見つかった。電動研磨機と電動丸ノコ、私が産湯をつかったタライ、未開封の園芸用の農薬や土、40年前の車の備品、、、とにかくくだらない物ばかりあった。

今日は母屋でバルサンを焚いて帰ろうとおもったので、母親のバッグ類を持ち帰ることにした。ノーブランドばかりだ。ワニ皮のハンドバッグをやっと見つけたが、パターンがうろこではなくイボイボだ、なんかおかしい。騙されて買ったな。

親の遺品を整理していても尊敬できる親だとは到底おもえない。普通は、感謝と共に昔を懐かしみ整理作業をするのだろうが、私は、「このアホが!」と吐き捨てるように独り言をいいながら作業している。自分を棚卸しできなくて、物欲浪費と煩悩だけで生き延びていた親、、、そんな印象しかもてない。

この親の姿は私を写す鏡なのか?。ちがうわい!!!。

by 1959-01-28 | 2019-05-20 22:06 | 雑感・お知らせ・一人暮らし | Comments(0)

出かけた翌日は何もする気がなくなる。今朝は8時に起床したが、現在12時半、朝・昼ごはんを作って食べた以外は何もしていない。以下がなんとなく考えていた事だ。

■金持ち
・ネットで"金持ち"を検索してみた。金満な奴の写真ばかりでてきた。「金持ち相手の商品って趣味が悪いな」と改めておもったし、所有する人物の馬鹿さ加減がより強調されるのだなとおもった。本当の資産家はとても地味でジャージを着て下町を歩いて徘徊しているものだという認識が私にはある。金に集る魑魅魍魎とかの面倒臭さを知っているし、嫉妬も知っているからだ。とにかく目立たないようにしているものだとおもっている。でも、お金って以外と使い道がないしね。

■暗い世の中
・今日も近くの小学校で運動会の練習をしていた。この子たちが成人した時、、終身雇用は無くなり、正社員も無くなっている。20%の選ばれたエリートだけが安定して不自由のない生活をしている。80%の大衆は70歳までの労働を強いられ、ほとんどは軽作業のパートを渡り歩く低賃金労働者となる。そんなネガティブなことを妄想してしまった。私は心が貧しいなとおもった。

■断捨離
・やる気にムラがある。自宅と実家を両方してオーバーワークなのが原因なのは分かっている。なんでもかんでも出張買取する業者をみつけた。二束三文だが、こちらから持ち出すお金は無いので、便利さを買うという割り切りをするのがよいかと思い始めた。ゴミの売却に時間をとられて、自宅の売却が遅れるほうがリスクだ。

■インスタグラム
・日常の平凡な風景を何も考えずに白黒撮影し、作りこまずにアップしたらイイネ評価数が下がった。でも、そうしてアップした写真を自分はとても好きだ。ずっと眺めていてもあきないし、リラックスできる。そりゃそうだ、肩に力が入っていない。ついでにフォローしていて面白くないものを消去しよう。売名してたり、俺凄い?的なものだ。でも、下らない事を一生懸命やっているものは残しておこう。人間味があってホッとする。

■幸せ
・こうやって思索することを、金銭的な不安がなく自由気ままに何時でもできることだな。あとは、欲張ることを放棄したのも幸せ感を上げるのに寄与している。

d0370724_13171441.jpg

by 1959-01-28 | 2019-05-20 13:32 | 雑感・お知らせ・一人暮らし | Comments(0)

母親の時のことを考えて、年2回の祭事には出席するようにしている。お寺の説法は"死"を前提とした余生ライフスタイルを説くので、最近の私にはとても退屈だ。私はもう亡妻を失った悲しみは無くなったし、どちらかといえば次の恋愛対象が欲しいと考えている。

どうせなら、インド古典仏教に立ち返り、"カーマ・スートラ"を説いて欲しい。死ぬことはわかっている。だから、一日一日を大事に活き活きと生きたいのだ。だったらテーマは"愛と性"に決定だ。自分は五感をとおして"愛と性"以上に幸せな体験をしたことがない。

by 1959-01-28 | 2019-05-19 22:38 | お出かけ・出会い・おいしいもの | Comments(0)

構図を作りこむこともない。階調をしっかりと出す気もない。その時々に自分の感じた"物語"を切り取るだけになった。




by 1959-01-28 | 2019-05-19 19:59 | お楽しみ(音楽/写真、他) | Comments(0)