人気ブログランキング |

台風一過で明日が憂鬱だ

体感的には前評判ほど風も雨も強くなかった印象をもった。しかし神戸市垂水区の海岸にあるアウトレットモールでは高潮浸水で車がぷかぷか浮いていたようだ。ということは国道2号線沿いの民家や駅前商店街の店舗も冠水していただろうか?。明日に実家の様子を見に行くのが憂鬱だ。行くまでの道路もどうなっていることやら。
★間違い訂正
この写真は神戸港の臨海地域ですね。垂水は冠水避難勧告も何もでていない。
d0370724_18075150.jpg

by 1959-01-28 | 2018-09-04 18:14 | お出かけ・出会い・おいしいもの | Comments(0)

昨日は徘徊した

昨日は5時半に起床し、大阪の病院に4半期毎の検査に行ってきた。血圧・血糖値ともに少し下っていた。血液中の塩分量も平均以下だった。よい傾向だ。10時にはすべて終わったので梅田で遊ぶことにした。朝抜きだったのでピッコロのカレーを食べようと立ち寄るとまだ準備中だった。しかたがないのでインディアンに行った。ここのカレーはうま味が強くて美味しいが、辛くて食べるとしゃっくりがでて止まらなくなる。水を5杯もおかわりして流し込んだ。ヨドバシカメラに行った。メインなはずのカメラコーナーはかなり縮小されていた。もちろん、フィルムを沢山入れていた冷蔵庫ももうない。デジカメも淘汰が進んでいた。スマホの押されたコンパクトは片隅に追いやられ、ハイエンドの一眼レフが主流になっていた。Canon、Nikonという一眼レフの9割シェアをもつ巨艦のそばで、Olympus、Pentax、SONY(ミノルタ)、Lumixが頑張っている構図になっていた。パナソニック家電の流通チャンネルしたもたなかったLumixがしがみついている姿は感動だった。黎明期当時の営業担当課長は、大出世して本社執行役員入りが噂されていると聞いたことがある。

しかし、梅田は疲れる。なんか小ぜわしくて窮屈で落ち着かない。だから雨が強かったが阪急六甲に行くことにした。ここは妙な入れ方をするコーヒーショップがある。たたずまいが素朴でよい。近くにはナダシンがあり"安倍川餅"が買える。と、期待していったら両方とも閉まっていた。車で来ていたお爺さんも呆然としていた。仕方が無いので、JR六甲道まで下りて、これも変わった小さな古本屋をのぞくことにした。絶対売れそうにないフランス語のペーパーバックが山積みになっている。古本屋は良い。立読みして豊かな気持ちになり、そのフランス語のペーパーバックを一冊買うことにした。また辞書とにらめっこの日々を過ごすことになる。

「つぶれてなかったら、あのバス停そばにドイツ菓子屋があります。」という古本屋のお姉さんの言葉を信じて行ってみた。ここもへんこな店で、そっけがない。わかる人にだけわかってもらえればよいという姿勢が自身を"Zuckerbaker"と宣言している姿から読み取れる。超シンプルな焼き菓子を買った。これは自称"スイーツ女王"の垂水の喫茶店のママさんに試食してもらわなければとおもい、JRで垂水へ向かった。

垂水ではいつものとおりマスターやママさん、常連さんたちとわいわい喋った。マスターは蔵書を店頭で売り始めている。"塚本邦雄"先生の詩集とか"デジャ・ブー"という写真雑誌とか、、垂水では売れそうにない本ばかりだ。ネットで相場を調査して教えてあげた。途中で母の施設にお見舞いに行ったが、結局22時半まで喫茶店で遊んだ。
d0370724_11443857.jpg

by 1959-01-28 | 2018-04-25 12:07 | お出かけ・出会い・おいしいもの | Comments(0)

垂水の田舎パン

頂いた。お店はレバンテにあるそうだ。ポテトサラダでタルトにして食べるように薦められた。味は日本人向けにアレンジされていて香ばしさは余り感じられなかったが、その分、常用なのかなとおもった。
d0370724_09060476.jpg

by 1959-01-28 | 2018-03-27 09:09 | お出かけ・出会い・おいしいもの | Comments(0)

55年前からある。だから、私が物心ついた時から存在している。気取らない感じがとても心地よかった。
d0370724_18385911.jpg

by 1959-01-28 | 2018-01-13 18:39 | お出かけ・出会い・おいしいもの | Comments(0)

元旦の垂水廉売市場

どんなにクールにレタッチしても"暖かさ"はイメージの中に残る。そんな町だということを再発見できた。

by 1959-01-28 | 2018-01-02 10:25 | お出かけ・出会い・おいしいもの | Comments(0)

母のことで落ち込み、垂水銀座に向かった。気になっていた廉売市場跡の古民家カフェに初めて入ってみた。「あ~、ここ好き!」な場所だった。女将さんにお話をお聞きすると、以前は瀬戸物屋さんを営んでいらっしゃたとのことだった。「あ!憶えている」お店だった。だからカップがとても粋だ。物品販売もされていて、投売り品を眺めていると"織部"の小皿が300円だった。余り品なので安くしてるとのことだった。1皿買っていつもの喫茶店に行ってママさんに見せた。「素敵だ、こんなの好き」とおっしゃるので、急いであと1皿しかなかった同じ品を買いに戻ってプレゼント差し上げた。古民家カフェも品がよく、女将さんも素敵だったのでもう一度行きたいなとおもったが、コーヒーのハシゴはきつい。古民家カフェは"ぜんざい"も自家製でメニューにしている。血糖値が気になるので、古民家カフェでぜんざい~筒井先生宅~海神社~五色塚~いきつけ喫茶店のジョギングをルーティンにしよう。その後で垂水園(中華)に行ってたら一緒だけどね。
d0370724_00465020.jpg

by 1959-01-28 | 2017-12-17 00:49 | お出かけ・出会い・おいしいもの | Comments(0)

左はコープさんの特別イベントで売っていたらしい。ママさんもこのクッキーを知っていた。すごく美味しいらしい。明日、食してみる。右はちりめん雑魚と山椒を炊いたもの。ご飯にかけたらおいしそうだ。明日、ご飯のパックを買ってこよう。いつものとおり、常連さんたちと閉店の9時までなんだかんだと話をした。早く垂水に戻って来いといってくれる。みんなそれぞれ10分以内のところにお家がある。私の実家もだ。車で高速を走りながら「そうしよう」とおもった。
d0370724_23435553.jpg

by 1959-01-28 | 2017-11-24 23:54 | お出かけ・出会い・おいしいもの | Comments(0)

母の施設の庭からしばし眺めた。北風がすごい勢いで夕雲を流していく様がおもしろかった。雲自身もめまぐるしく形を変えながら流れていく。"諸行無常"、、この言葉がしっくりくる幻想的な光景だった。
d0370724_23362716.jpg

by 1959-01-28 | 2017-11-24 23:37 | お出かけ・出会い・おいしいもの | Comments(0)

西明石から垂水に移動した。駅前で母校の女子たちが東北震災支援募金の活動をしていた。手持ちに札しかなかったので、近くのイオンでみかんを一個買ってから戻った。制服は40年以上前から同じだ。部活について少したずねた。速記部→廃部(時代だ)、軽音→廃部(みんないい子になった)、写真部→現存(おぉ!)。私が卒業してから下位の新設校が沢山できたので、今の学力レベルは私なんかを相当超えているはずだ。しかし、やはりみんな二番手の余裕のある素直ないい顔している。一番上の高校の学生なんてお高くとまって遊びがなくギズギズしてるもんね~。
d0370724_12314392.jpg

by 1959-01-28 | 2017-11-19 12:42 | お出かけ・出会い・おいしいもの | Comments(0)

春先に長い間お休みされていたことがあって心配していたが、やはりお店をたたまれるとのことだった。高校の入学祝いに母にこちらでセイコーロードマチックを購入してもらった。その時はこのビル内にはなく別のところに店舗があった。時計はなかなか壊れなかったので、時々、目覚まし時計を買う時くらいしかお店には行かなかったが、繊細で難しい時計の電池交換は必ずお願いをしていた。ご主人は時計修理技能士の一級をお持ちで腕は確かだった。ご隠居の生活に入られるとのことだった。なんか感謝したくなり、たるせんで文明堂のカステラととよすあられを買ってプレゼント差し上げた。とても喜んでくださった。
d0370724_10032771.jpg

by 1959-01-28 | 2017-11-15 10:03 | お出かけ・出会い・おいしいもの | Comments(0)