人気ブログランキング |

タグ:断捨離 ( 100 ) タグの人気記事

■ブログを書く時間が長すぎる
×課題
この最近は途中でまとまらなくなる。集中力もなくなっているので、文章作成途中で休憩してしまう。余計に時間がかかってしまう。
○対策
夜はそうならない。多分、一日のまとめをしようとしているからだとおもう。よって、夜にまとめ書きすることにする。

■時間つぶしが長すぎる
×課題
多分、ゴミ屋敷の住民と同じ精神状態になっている。"逃避"だ。実家からの持ち帰りゴミを溜めすぎている。来週金曜日にしかトラックが借りられない。動けない。
○対策
明日は、2階スタジオを整理する。①ヤフオク売却品、②リサイクル買取依頼品、③梱包資材、④廃棄物、にきっちりと仕分けして置き場所を整理する。そうしないと流れ作業化できず、混沌として頭が整理できない。結果として行動できずにフリーズしてしまっている。その結果が逃避してただ休憩して時間つぶししていることに結びついている。

しかし、時間つぶししてグダグダしているのも、実は健康寿命を長くしているのかも知れない。だってストレスがない。これもバランスだな。


by 1959-01-28 | 2019-05-22 22:39 | 雑感・お知らせ・一人暮らし | Comments(0)

要るもの/要らないもの

■要るもの
・毎日の生活で必ず使っている道具
・お金を産む道具
・過去→現在→未来につながる人、経験・考え方
・愛情・安堵・安心

■要らないもの
・上記以外のもの
・目障り、ノイズなもの
・楽しめないもの
・不自由・拘束を生むもの

こんなところか?。ここで面白い葛藤が生じることがわかった。"愛情・安堵・安心"と"不自由・拘束を生むもの"の矛盾だ。家族とペットのことだ。若い時に読んだ本の中に印象に残っているフレーズがある。「自分で庭をつくる必要はない、お隣の立派な庭を眺めていればよい」、つまり借景だ。私はこちらの考えを選択する。寂しいなんて泣き言を言ってないでメンタルを鍛えなければ!。


by 1959-01-28 | 2019-05-22 12:34 | 雑感・お知らせ・一人暮らし | Comments(0)

今日の様々な事

■血糖値・血圧
・本当は4月30日に行かなけらばならなかった。すっかり忘れていた。朝食を食べて昼に採血して検査しても102だった。瞬間値としては正常域だ。積分値であるヘモグロビンは7.0で-0.3ポイント良化していた。血圧も118で正常???。
■末端の体温
・先週から養命酒を飲みだした。途端に暖かくなった。若い時にはまったく効かなかったのだが、老人になってからは効果てきめんだ。あとは実家のゴミ処理で上半身を酷使していることも原因かなとおもう。
このヘタレな引きこもり生活でさぞ悪い数字がでるだろうと悲観していたので、うれしくなった。あと、実家近くのカフェの兄ちゃんを応援するつもりでコーヒーだけでなく無理してケーキもたのんでいたことで血糖値をあげてしまうのではと心配だった。取り越し苦労だった。

■婚約指輪と結婚指輪
・病院帰りに梅田で売却した。0.2ctのイエローダイヤが9千円、台座pt2gで6千円、結婚指輪2個3gで9千円と予測していたら、その通りだった。Pt単品の買取キャンペーンを適用してもらい2千円アップの26,440円で買取してもらった。私みたいに相場を勉強してくる客は助かるらしい。なにしろ即決だし、グジグジ交渉して時間を互いに無駄にしない。
・初任給14万円の入社1年目に買った。そう、その一ヶ月分全てを使い買った。会社の近所の同僚の親戚の宝飾店で安くしてもらった。ダイヤとプラチナ、永遠に価値があると信じてこんでいた。うそつきどもめ!!!。
・当時のPtの相場は現在の1/3だ。ダイヤは知らないからそのままスライドしても、正味小売価格1.4万円のものを10倍で売りつけやがった。"知らない"ということは恐ろしいことだ。
■亡妻が亡義母からもらったパールのネックレスとピアス
・値がつかない。「ほんまか???」と、昭和55年に発行された神戸大丸の保証書を確認した。「これは真珠に間違いない」とだけ書いてあった、、、、。ペテン師商売だと確信した。「大丸め、はよ、潰れろ」と念じている。
母親も宅配に来ていた神戸コープに騙されて沢山のパールを買い込んでいた。それらは、現在、私の自宅に一時保管している。保証書は神戸コープが自分で発行しているが、やはり「これは真珠に間違いない」とだけ書いてある。真珠商売というのは、昭和の少し金持ちになったバカな大衆相手の錬金術だったのだと理解した。二束三文でよいから、買い手をみつけて大陸の成金大衆が浮かれているうちに売りぬいてしまおう。なるほど、宝飾商売とはババ抜きゲームだ。

by 1959-01-28 | 2019-05-21 19:22 | お出かけ・出会い・おいしいもの | Comments(0)

納屋のゴミを取り出していたら白い動くものを発見した。ネズミだ。あちらこちらに糞が付着している。こんなものを持ち帰るのかとおもうと気がめいった。また未開封の水の入ったペットボトル6本入りの段ボール箱があった。灯油用のポリタンクが5個見つかった。電動研磨機と電動丸ノコ、私が産湯をつかったタライ、未開封の園芸用の農薬や土、40年前の車の備品、、、とにかくくだらない物ばかりあった。

今日は母屋でバルサンを焚いて帰ろうとおもったので、母親のバッグ類を持ち帰ることにした。ノーブランドばかりだ。ワニ皮のハンドバッグをやっと見つけたが、パターンがうろこではなくイボイボだ、なんかおかしい。騙されて買ったな。

親の遺品を整理していても尊敬できる親だとは到底おもえない。普通は、感謝と共に昔を懐かしみ整理作業をするのだろうが、私は、「このアホが!」と吐き捨てるように独り言をいいながら作業している。自分を棚卸しできなくて、物欲浪費と煩悩だけで生き延びていた親、、、そんな印象しかもてない。

この親の姿は私を写す鏡なのか?。ちがうわい!!!。

by 1959-01-28 | 2019-05-20 22:06 | 雑感・お知らせ・一人暮らし | Comments(0)

構図を作りこむこともない。階調をしっかりと出す気もない。その時々に自分の感じた"物語"を切り取るだけになった。




by 1959-01-28 | 2019-05-19 19:59 | お楽しみ(音楽/写真、他) | Comments(0)

果てしない苦行のようだ。昨夕に持ち帰ったものは以下のとおりだ。

・ボロボロのすだれ6本
・新品の歯ブラシ24本
・殺虫剤等のスプレー缶50本程度(全部ガス抜きした)
・段ボール30箱程度
・バケツ5個
・その他棒とか金具とか洗剤とか錆びたチェーンとか、わけの分からないもの超多数

もう2年以上も週一回以上の頻度で持ち帰ってきている。あと何ヶ月かかるのだろう?。しまりのない親たちだ。立ち止まって人生の棚卸しをせずに、ただただ毎日を惰性で浪費していた人生だったのだろう。それにしても私のものは何処に捨てたのだろう?。そんな大事なものを捨てて、働きだしてからの68年間のゴミを捨てずに溜めるために納屋を3軒建てる、、、。ボケナスだ。

整理屋さんに頼んだら、80万円くらい費用がかかっただろう。そう考えたらケチケチとリサイクルショップに持込まず捨てたほうがよいね。


by 1959-01-28 | 2019-05-18 18:40 | 雑感・お知らせ・一人暮らし | Comments(0)

つまり環境が人をつくるということを別の言い回しで言っているんだ。5人と具体的な数字になっているので自分に当てはめてみる。

"自分だけしかいない"、素晴らしい!。そう言えば、最近はアイドルにしている演奏者や、参考にしたい写真家がいない。思想にしてもメンターがいない。ブログも含めて全ての表現をセルフフィードバックさせている。ほんの数ヶ月前は、自己評価だけしているのにも関わらず他人と比較して落ち込んでいた気がする。今は違い、人の作風がどんなに優れていて感動しても、模倣してみたいとか自分に取り込んでみたいとはおもわなくなった。自分の出したものが素直に心地良い。

マスターベーションそのものなのだが、この行為がとても気持ちが良い。よく考えたら"人に良く見てもらう"ことを意識するから苦しい。私は創作に関しては自己承認欲がかなり薄くなってきている。その欲を満たすための工数・調整・努力・工夫といったものがとても面倒臭い。ささっと作って、込み上げて来る幸せを満たし、ハイ終わり的なのが良い。

それよりも、表現というマスターベーションを純粋にしている同じような感性の人と波動を共感しあいたい。表現が悪いな、つまり商業ベースの匂いがあまりしない人達、サブカル的な人達と同じ波動を感じたい。

昨夕に偶然に、"自称プロ画家"の営む老害喫茶の常連さんと道で出会った。この方は、とても素直で性格が良い。ただただ、気持ちのまま油絵を描いている。私はその作風が好きで展示があると観に行くようにしている。上記の"自称プロ画家"は「あんなもんは絵じゃない」とずっとこき下ろしていた。私は老害喫茶に陳列してある"自称プロ画家"の売れない作品群を陰気で邪気があり目障りだとずっとおもっていた。この常連さんとはまた連絡を取り合う約束をして別れた。


さて、あと18回しか正月を迎えることができないな。3回も無駄にした。残りの貴重な時間を誰と過ごすのか?。良い人、大好きな人、尊敬できる人、、求める為に居場所をどんどん変えていこう。

by 1959-01-28 | 2019-05-18 16:42 | 雑感・お知らせ・一人暮らし | Comments(0)

いよいよ下段の整理ダンス部を解体した。15分もかからずバラバラに出来た。亡妻への執着が無くなっているから淡々と進めることができた。今日は屑屋さんにも電話をしてスチール棚も引取りに来てもらうようにお願いした。とにかく大物を目の前から消していくことだ。売ることなどどうでもよいように思えてきた。

新婚時代を思い出してみる。大物は嫁入り道具の和ダンスと洋ダンス、それと冷蔵庫と洗濯機だけだった。引越しの際に、お金がなく、その3点だけを運んでもらい、あとは自分達で運んだ記憶がある。でも、その感傷に浸るのは無意味だとおもった。今は、6月に欧州に行き次のステップをつかむ準備に大忙しだからだ。

2階に上って亡妻のガラクタを整理してみる。沢山のメダルが出てきた。欧州や米国の寺院や名所に行くたびに自動販売機で買ってコレクションしていた。すぐに燃えないゴミの屑カゴに放り込んだ。実家で見つけた私の小4~6の写真のスクラップブックも捨てた。今の私には関係がない。

今夕に格安マッサージに行った。この数ヶ月は指名で某男子に担当をお願いしている。最初の頃は最近亡くなられたお母さんと残されたお父さんの話が、私の境遇に近いこともあって、話題の中心だったが、最近は、どこのリサイクルショップが得だとか、そんな"今"の話題しかしない。実家近くのカフェの兄ちゃんとも、新作のケーキの批評会とか"現在進行形"の話題ばかりだ。

”今”、”現在進行形"なことがあるのは幸せだ。というか、少しのやる気があればなんとか作れるものだ。その為には過去を捨てることが重要だ。"後ろ髪を引かれる"ことが無いようにしなくては。「何もないこと」が幸せではなく、「自分のペースで、自分の好きなことが進行中である」ことが幸せだと思えるようになったし、その姿をつくれるようになってきた。妄想だけではなくなってきた。そんな感触がある。

断捨離って本当に効果があるんだ。これは凄いことだと感心した。

そうそう、写真も白黒にする。最近は色が面倒くさい。コントラストとガンマカーブだけで絵作りしたい。それだけで充分に自分が表現できる。

by 1959-01-28 | 2019-05-16 22:50 | 雑感・お知らせ・一人暮らし | Comments(0)

昨夕も、実家と自宅のゴミを車に乗っけて近所のリサイクルショップを周った。400円+120円+480円=1,000円の収入があった。このお金を握りしめてQBハウスの1,200円散髪に行った。これだけだとひもじく、永遠の終わりにしてもよい人生なのだが、昼間に生保レディの訪問があり中年マダムとの楽しい会話があったし、欧州旅行のアポ調整もあった。こんなバランスのとれた生活なら続けても悪くないなとおもった。

昨夜はとにかく疲労感があり早くに寝た。今日は11時に起きた。きっとその前の2日間はゴミ出しがあり早朝に起きていたから寝不足だったことに原因があったとおもう。今日はすっきりしているが、ゴミ処理で筋肉疲労が溜まっていてつらい。格安マッサージに行く。

静かにゆったりと時間が過ぎて行く。何一つ拘束・束縛する事がなく、全てが自由意志で決定できる。"極楽"だ。でも、実家から持ち帰った"講談社 日本現代文学全集"はストレスだ。60%の本が無い。どうやら、お人よしでおだてに弱い亡父が売れる本だけ売ったのか、知人にあげたのだろう。両者とも全巻有りで、売れる時期に売り飛ばしたに間違いはない、、、馬鹿。一巻を相場の250円で売っても利益がなく売れる確率は絶望的だ。近くのブックオフで引き取ってもらうことにした。こんな物は早く目の前から消えて欲しい。

総括すると、現金になるゴミは、現金化できた直後だけは大好きだ。でも、目の前にある時は現金化できないゴミよりもイラつく。遊んでいるように見える。現金化できないゴミは簡単だ。粉々にしてゴミの日やクリーンセンターに出すだけだ。

自分の心を鏡に映しているようだ。

by 1959-01-28 | 2019-05-16 13:38 | 雑感・お知らせ・一人暮らし | Comments(0)

メルカリで売る選択もできたが、あえて業者に売った。結構な数の偽物がオークションやフリマサイトで売り買いされているらしい。もちろん私のものは本物だが、そういう状況なので売りにくいと判断した。あとは過当競争っぽいし、買う側の好みも多岐にわたるとおもった。一番の弱点は、女子の視線で目利きができないことだ。多分、塩漬けになるとおもった。5~8千円程度の機会損はリスク回避の手数料だと、この際目をつぶることにした。

今日はおもしろい金融商品のからくりをレクチャーしてもらった。それを利用すると、この程度の機会損は20万円ほど1年間運用すればすぐ回収できる。お金とは信用でありデータである。それだけだ。多少損切りしても現金化することは私の信用度を上げることになる。ロンシャンのバッグを持込んでホテルの宿泊を交渉したら警察を呼ばれるが、プラスチックのカードさえあれば信用して泊めてもらえる。

拡大して考えると、私は、自宅を売却してそれを運用資金にすれば、パリに4回/年に行く信用が捻出できる。自宅は、今となっては、そのままでは何の信用も生み出さない。

所有するものは、それ自体が信用を生み出すもの。信用を生み出さないものはレンタルするに限る。そうセオリーをつくると、毎日の喰う・寝るを満足させる100均・ホームセンターで購入できる道具以外は所有しなくてよくないかな?。PCは情報収集+発信ツールとして毎日を支えているから必須な道具、ベースは自慰の道具、写真は名刺かアイデンティティのような道具、、そんな程度か。



by 1959-01-28 | 2019-05-14 20:26 | 雑感・お知らせ・一人暮らし | Comments(0)