タグ:断捨離 ( 50 ) タグの人気記事

パリ市内まで20分の郊外アパートにいる。ここにPCとキーボードがあれば日本と実生活環境と日常は変わらない。でも、ここパリには刺激があるし、キッカケが沢山転がっている。東京もこんな感じなのかな?。とにかく、日本の自宅も実家も余計なものや思い出がありすぎる。維持するだけでエネルギーと時間を消耗してしまっている。そして刺激とキッカケがある場所から遠すぎる。活動するなら都会だな、やっぱり。

やっぱり自宅を売った金で京都とパリにワンルーム買おうかな?。いない時に民泊業者を使って貸せば儲かる。自分は単身だからかぶらず必ず片方を貸せる。

帰国したら東京にも行ってみよう。パリに出展していた作家さんとギャラリーさん、ディストリビューターさんを訪ねるようにしよう。

イメージしていると実現に向って行動しているものだ。ブレーキをかけるのも自分だが、、、。

[PR]
by 1959-01-28 | 2018-11-12 04:53 | 雑感・お知らせ・一人暮らし | Comments(0)

最近、ダイソーの100~150円の白磁食器がお気に入りだ。といっても、これから"一汁一菜"に合理化していくので、22.5cmの皿、味噌汁お椀、マグカップだけなのだが。お茶碗は電子レンジ用ポリ容器で代用する。ビール・ワイン・日本酒用のグラスやお猪口もマグカップがあれば十分だ。

上記の陶器はこの一年で血迷って購入したものだ。何を考えていたのだろう?。最近はその風合いとか柄とかが目ざわりで嫌になってきている。女子が陶器好きなのは、色々な柄を沢山コレクションするからだな、きっと。自分は同じものを毎日使いするので、そんな柄がノイズになる。気分の悪い時に花柄なんてことになってしまうからだ。だからなんの飾りもない白で充分だ。数も少ないし、つるつるしているので洗う手間も省ける。

最初は色々と余計なものを買って、余計なことをしてしまうものだな~、反省だ。しかし、もう大丈夫だ。自炊暦2年でようやく超合理的・ずぼらな我流ができた、栄養バランスの良い粗食で病気しないようにしよう!。







[PR]
by 1959-01-28 | 2018-10-16 00:04 | お楽しみ(音楽/写真、他) | Comments(0)

■人が変わる方法
①付き合う人を変える
②時間配分を変える
③住む場所を変える

だそうだ。この定義に沿って自分のこの2年間の行動・反省→対応を振り返ると以下のようになった。

①-1:自身の退職、妻の業界関係者との離縁
・不可避だった。
①-2:奉仕ドーパミン効果を巧みにつかう守銭奴介護団体からの離脱、老害喫茶店との離縁
・依存しなければならない弱い心から立ち直った。

②:"喰う、寝る、ピアノ弾く"の選択と集中
・雑念が消えて、本当にしたい事が見つかった。

③-1:自宅売却
×だらだらと先延ばし状態だ。
③-2:実家への移住
×目的の為にはよい選択ではない。
・処分できないものを保管する倉庫として活用
・相続評価減効果期待で自宅売却と住民票移動
③-3:京都への移住
・別荘を賃貸借りする。

★反省点
・一番効果のある引越しが後回しになっている。
・思い出品の処理に時間がかかりすぎているのが原因だ。
・換金効果を優先して手数がかかりすぎているのが原因だ。

●対応
・換金効果が少ないもの=廃棄ときっぱり判断
・かさばる物の廃棄を優先
・実家掃除と自宅小物品の移動を兼用して引越し加速


[PR]
by 1959-01-28 | 2018-10-11 10:38 | 自己啓発・断捨離 | Comments(0)

さきほど買出しに行った帰り道で考えた。"喰う、寝る、ピアノ弾く"と生活をシンプルにしようとしているのは背水の陣だ。還暦を直前にして、自分は一段と能力が落ちたのだ。もう複数のことが同時進行できなくなって来ている。だから、余分な事を捨てようとしているのだ。理屈ではわからなかったが、感性がそうさせようとしていた。つまり、私が唯一、アイデンティティを維持できるのは"ジャズピアノ弾き"になることだけなのだ。

イオンで同世代~70歳代のシニア男性を観察してみた。こういう時はつい自分を棚に上げてしまうが、直視した。"スクラップ"、、これが自分の姿なんだ。家に帰り、大学同級生がシニアのサッカークラブに入会して試合に出ていることを思い出し、動画を観てみた。ガチやんか~、サッカーの体をしていた。来来週にその同級生に会うが、見る目がかなり違ってきそうだ。

近所の63歳で心臓疾患のある"認知症家族の会"会長の例の言葉が頭を回っている。「自分にはこれしか残ってないねん」、、。そうか、みんな、全うすることを見つけ出して、背水の陣で精一杯喰らいついているんだ。オイラも、ピアノは、6月に大枚はたいて行ったパリの駅で散々な失敗をして、もう嫌だやめたいとおもったけれど、でも、諦めずに、スタイルを変えてでも研鑽を再開し継続できている。きっとこれは本物の"好き"なんだ。だから体が背水の陣をひこうとしているのだ。

もう変な屁理屈や講釈をたれるのはやめにしよう。体のなすがままに従い、残された能力をピアノに捧げよう。それだけでオイラの人生を少しだけ開花させて、そっとクローズさせよう。

「人生は、思い込めたら、幸せだ」





[PR]
by 1959-01-28 | 2018-10-09 21:24 | 自己啓発・断捨離 | Comments(0)

"喰って、ピアノ弾いて、暇つぶして、寝るだけ"という超シンプルライフに舵を切ったことで気付いた事があったので書き出しておく。

■フランス語学習の廃止、11月以降の海外旅行の永久禁止
・"覚えなければならない"という呪縛から逃れられて気分は最高に良い。学習に割り当てていた時間で掃除をした。このほうがより気持ちが良い。必要になったら、その時に再開すればよいやと考えることにした。その日は永遠が来ないことは、英語や中国語の学習をしていた時に納得できている。
・昨年にラテン語を学習し始めた大学名誉教授さんに会ったことを思い出した。「アホちゃうの?」とおもった。私の仏語も同じようなものだと悟った。
・6月のパリ旅行は妻へのオマージュと見栄が動機だったな。だからこれ以上はもういいや。そんな事で自分を飾っても疲れる。それよりもオイラはポカポカ温泉に行きたい。

■過去の写真、記録
・さきほど掃除していた時に不覚にも数枚発見してしまった。しばし、当時の栄光・仲間を懐かしんで手が動かなくなっていた。もちろん頭も働いていなく、無駄に過去の記憶を思い出そうとしていた。今後は見つけたらすぐ廃棄することにした。全廃が目標だ。
・今、清掃車が粗ゴミを収集して行った。庭に置いていた実家のゴミを持って行ってくれた。とても清清しい。そういえば、今朝に夢を見ていた。母親とPC内に保存している家族写真を穏やかに眺めているという内容だった。もちろん、そんなデータは一切保存していない。母親の意志不在だが、自分にとっては都合のよい夢だった。思い出は脳内に留められる程度でよい、それは浄化されて美しく楽しい思い出になる。

■過去の友人、仲間
・こちらから邪魔をしてはダメだな。もし私が接近するとしたら、理由が、①暇だから、②懐古したいから、③知恵が欲しいから、というエゴだけだからだ。相手に余裕がなければバランスがとれない。もちろん、相手が上記の理由でアプローチしてきた場合は選別しながらも受け入れるし、被災した時は積極的に働きかける。寂しいことだが、疎遠なのは互いに無事な証拠なのだとおもうようにした。これが尊重だとおもう。
・自分のメンタルは自分で律する。唯一で最大の不安は緊急時の自己救済だけだと自覚する。その危機管理とインフラ構築に投資をする。

■ボケ防止
・反射神経強化→ピアノの左・右手の連携運指、記憶力維持→楽曲レパートリー開拓
・思考力維持→ブログ、こんなに構成、レトリック、推敲に時間がかかって頭を使うとはおもわなかった。自己発見にもつながるし、よい習慣になっている。

■写真撮影を趣味から外した件(徒然なるまま散文)
・自分の写真は邪心が多く、良く見せようとしている。素直に感動を切り取っていなく嫌味だ。自分でも嫌悪してしまう。
・カメラ、フィルム・印画紙等の写真の原理を熟知していて、つくり込んでしまうので自己嫌悪してしまう。
・だからといって見た印象に素直に写真を再現するだけだと平凡で退屈だ。
・つくり込んだり、シャッターチャンスを捜し求める作業が疲れてしまい、義務感のようになり楽しめない。
・完成した次の日には、廃棄したくなる。
・他のブロガーさん達の写真を見せて頂くだけで楽しくなる。自分が撮影する必要がない。
・過去の鉄道写真は"お立ち台"から撮影した絵葉書写真ばっかりで、思いいれがなく、引伸ばしする気にならない。

要するに、写真が本当に好きではなく理解できていないのか?。小3~高2まで、とりつかれた様に撮影していた日々はなんだったのだろう?。そして、高3からばっかりと辞めてしまったのはなぜだったのだろう?。これは音楽とのバランスだな。私の場合はポテンシャルが低く、一択しなければいけないのだ。それだけのことだ。

まったく、ここまで書き出して考えなければ真理がつかめないとは愚かだよ。

[PR]
by 1959-01-28 | 2018-10-08 12:08 | 自己啓発・断捨離 | Comments(0)

親とはいえ、遺留品が沢山あると居心地が悪い。ダニがわいていた衣類・布団関係、書籍関係は8割ほど廃棄できた。昨日から中物家具を自宅に運んでいる。溜めてから自宅側のクリーンセンターへ軽トラで運ぶ算段だ。大分すっきりして気持ちがよい家になった。あと一ヶ月ほどで移住できるレベルになるだろう。大物家具は外に出しておいて、引越してから、実家側の清掃局に引取りに来てもらう。

無駄な引越し費用は出したくないので、自宅の不用品を並行して処分しなければならないが、これが難航している。思い出への執着は無くなったが、換金可能性への執着はある。これが面倒だ。高く売るためにメルカリでひとつひとつを出展していて時間がかかる。

「これが日々の仕事だ」と、再々、自分に言い聞かせて処理していくしかない。そう考えれば楽しいか、、。でも起爆剤というか、一気に処理した感が欲しい。洋服タンスを近くのリサイクルショップに引き取りに来てもらうことにしよう。

[PR]
by 1959-01-28 | 2018-09-27 10:35 | 自己啓発・断捨離 | Comments(0)

今日は早朝にゴミ捨てをしたのでもう一度寝た。寝不足は体調が悪くなるからだ。11時過ぎに起きた。遅い朝飯を食べてから、少しの晴れ間を狙い布団を干した。今はタオルケットを洗濯していて、ながらブログを書いている。多分、これから二束三文の古本を売りに行ったり、古紙ゴミをリサイクルボックスに捨てに行ったりする。

こんな平凡で平和な日常生活が現実のものとしてとても幸せに感じる。自己完結していて、不便なく自由意志で気ままに暮らしていける。母親との面会も、実家掃除も、週末の会社同期の宴会も、11月のパリ旅行も面倒臭くなって来た。

ピアノに向かい"枯葉"のコード進行を追いかけてみる。右手で一音だけ加えるテンションノートが、左手のインターバルと絡み美しいハーモニーを奏でる。これを確かめているだけでとても幸せな気分になる。

若い時だったらこのような一日は退屈したかもしれないが、今の年齢だととても忙しく、途中途中に長い休憩が必要なので、一日があっという間に終わってしまう。

過去と比較することによる不満や欲を捨てて、この日常サイクルが心地よくなった。なるほど、過去への執着の引き金になっていた物を大量に捨てたのはとても重要で有益な事だったのだ。

「生きているだけで儲けもん」は名言だ。このような穏やかな日々が続き、ある日終わりを迎えて無になる、、これが理想で浄土であると感じる。私にとって、断捨離とはこの浄土環境をつくっている過程なのだと整理・理解できた。

こう考えると、健康年齢はあと10年で死ぬまで18年などと焦る必要もない。今が、日々が快適で幸せだからだ。明日・明後日は、物を捨てたり、今後の生活にだけ必要な情報(病気・施設・法律)だけを整理・体系化したりして、安心できて快適な浄土がより完成に近い状態になっていくのを楽しみにすればよい。ピアノ演奏の日々の進化・発見も楽しい。ブログで日々の進捗・気付きの整理をするのも楽しい。散歩も筋トレもストレッチも楽しい。食事はつくるのも食べるのも、掃除・後片付けも楽しい。

概念や頭の中だけでなく、生活体験としてこんなことが理解できるようになるとはおもわなかった。


[PR]
by 1959-01-28 | 2018-09-25 15:56 | 自己啓発・断捨離 | Comments(1)

"妻&死別"検索で見た未練タラタラのブログ記事たちのお陰で完全に吹っ切れた。同じようにメソメソとやってられるか!。

結婚式の写真も仏壇の写真も簡単に廃棄できたし、介護していた時の記録や情報もあっと言う間に廃棄できた。これらの資料は同じ病気で戦うであろう人達の為にHPを立ち上げて拡散しようかと考えてストックしていた。悪いが、今の私にはその荷は重過ぎる。私もあと10年しか健康でいられない。

いろんな手柄・名声を得た時の資料や知り合った著名人達との写真・名刺も全部廃棄した。これは人に自慢する=自己顕示欲の為に保管していたが、誰がそんな話を聞いて喜ぶのだ?。自分自身ももう興味は無い。若い時はそれがキャリアとして有益だったが、今の私みたいな爺さんは現金だけが力だ。有料ホームに入る為の担保は、履歴書でも、教養・学歴でも、生まれ育ちでもなく預金残高だ。あとは庭の薔薇も刈り取った。どっちみち家は損切りして売却する。

直近のパリの写真データも消去したし、インスタ用に撮り貯めていた写真データも消去した。こんなのはわざわざ見返したりしない。最近は写真で記録を残すことが嫌いになって来ている。「写真は撮影したその瞬間から過去になる。そんな再び手に入らない思い出が大事か?」と、先日まで"俺たちの旅"とか"フーテンの寅"や岩崎宏美さんの曲をへビィローテーションをしていた懐古厨とはおもえない変貌を遂げてしまった。

定例の夜の散歩・買物の時に、執着が残っていて後悔・寂しさが込み上げてくるかなとおもったら、まったく反対だった。何も回想する事なく淡々と"今"を歩いていた。まるで、学生時代、深夜に下宿から近くの酒屋の自動販売機にビールを買いに行っていた時のような、自由で何も考えていないフロー状態になっていった。


[PR]
by 1959-01-28 | 2018-09-24 23:29 | 自己啓発・断捨離 | Comments(0)

さっきまで、断捨離してからの心の変化とかなんとかを記事にしようと1時間ほど書いていた。馬鹿馬鹿しくなった。時間の無駄、以上。
[PR]
by 1959-01-28 | 2018-09-17 20:49 | 自己啓発・断捨離 | Comments(0)

昨日に実家から遺品の衣類・紙類を沢山持ち帰って整理している。伯父叔母や従兄弟の結婚式写真や、60年代の百科事典・書籍、50年以上前の業務日誌や昇格委任状、未練たらたらの遺品たちが、およそ「俺の過去を消し去れ!」と息巻いていた人間の業のものでは無かったことが情けなかったし、こんなに今の自分には思い入れがなく換金価値の無い物を時間を潰して処分しなければならない事に苛立ちを覚えた。その勢いで自分のアルバムや結婚式写真、卒業写真の処分にもまったく未練が無くなった。過去を引きずることがとても重たくなった。そんなものが何の役に立つ?。

FRANCE24の仏語ニュースをネットで観ている。リアルタイムの出来事が面白いし、少し仏語のニュース内容が聴き取れるように進歩した自分が愛おしい。今月後半は3件も旧友との会食があるし、遺品衣類の換金を急がなくてはならない。遺品や私の資産を損切り換金しても実家移住を急いだ方がトータルコストとしては有利だ。今にチューニングが合いだした、立ち止まっている暇は無い。

再度、FRANCE24のニュースにフォーカスしてみる。いかん、自分軸の時間はとても遅くなっている。ニュースの展開がとても速く感じる。凄い勢いで時間は過ぎていっている。これに気がつく事も、断捨離で過去にとどめようとする錘から解き放たれた大きな効果なのだろうと痛感した。おぉ!、世の中のスピードは速いぞ!!!!。俺は完全に覚醒して頭が速く回転し出した。

今から紙ゴミをコンテナに捨てに行こう!。結論は集中して出す。熟考して出た結論は即実行しその日に完了させる。


[PR]
by 1959-01-28 | 2018-09-17 17:26 | 自己啓発・断捨離 | Comments(0)